松崎和実略歴 作品 ニュース リンク

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
<< 敦煌へ 2 | BLOG TOP | 敦煌へ 4 >>
敦煌へ 3
翌日、いよいよ莫高窟へ…。
「莫高窟数字展示中心」にて映像を2本観て、それから専用のシャトルバスに乗り、向かいます。
↑この映像が思っていた以上に立派で、もっと見ていたいと思えるくらい面白かったな〜。




15分ほどだったかな?荒涼とした一本道を走ります。



念願の莫高窟!自然と表情もほころびます♪



で、しばらくすると…すんごい行列。。。
ただ、ハイシーズンのこの時期も含め、通年完全予約制で1日の入場者数が制限されているので中の方が混雑することはそれほどありませんでした。
人気の窟は長蛇の列が出来ますが…。



7月に京都でお世話になった大雅堂の庄司社長も同行していただきました。



窟の中は撮影禁止!肉眼レフに焼き付けます。。。
案内して下さった研究所の牛さん。その知識にもビックリしましたが、流暢な日本語にはもっとビックリ!
お人柄もサイコーの方でした♪
窟の中は外気とは全然違ってひんやりと涼しい。ただ、沢山の観光客が入った後、すぐに入るとすごい熱気と湿度を感じる。窟内には湿度計と二酸化炭素濃度を測定する機械がそれぞれ置かれていて厳重に管理されています。
確かにこんなにも湿度が上がるのなら、中の壁画や塑像のことを考えると入場制限は勿論のこと、突然(観光客側からすれば)見せなくなる窟が出てきても無理はない。保護優先!
現状を見ればこれでも十分見せてもらえている方だと思えますよ。。。
予想以上に沢山の窟を見せていただき、今日のところはこれでおしまい。


| 雑記 | 21:25 | - | - |