松崎和実略歴 作品 ニュース リンク

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
<< 北京へ 2 | BLOG TOP | 北京へ 4 >>
北京へ 3
万里の長城「慕田峪長城」。こちらに来るのは今回で二回目。
故宮も二回目でしたが、どうしても子供に見せたくて再訪しました。



混雑を避けるべく、朝のオープン時間8:30に到着するよう早起きして来ました。
それにしても…以前はこんなにキレイじゃなかったよな? かなり整備されたのね。



雲ひとつない晴天!
気候も寒いかと思いきや、暑いくらいでした。



今回、北京に親戚が二組駐在していたので、いろんな事で助けられました。
けっこうタイトなスケジュールでしたが、お陰様でほとんど叶えられたし。
何より現地で生活をしている人達からの生の情報=日本ではまず知りえない情報はありがたかったです。

興味深い話もいろいろ聞きました。日本で知りえる情報だけで知った気になって(過去に行ったことがある所でもあるし)いましたが、やはり内側に入らないと分からないことってあるんだなぁと痛感しました。
毎回思う当たり前のことなんだけど。
なんだかんだいって日々の中でインターネットやテレビの情報だけで知った気になっていたんだな…反省しなきゃ。
国や人に対してニュートラルな部分、余白を残す。決めつけない。
それは余裕でもあるわけだし。



798芸術区にほど近い「北京中央美術学院」内にある美術館へ。キレイで立派な美術館です。
現代芸術は勿論、宋代から近代の作品も展示してありました。沈周、李鱓、揚州八怪の面々、そして個人的に大好きな徐渭など…そんなに数はなかったけど、北京でこれだけ見れたら満足ですよ。ほとんどが外国に流出していて大陸内では上海くらいでしか見れないと聞いていましたので。

この界隈は美術学院があるということもあって、画材屋や額縁屋、美術書の専門店などが多数ありました。
個人的には…琉璃廠の方が品揃えは自分に合っているかな。
でも、どのお店もホントに親切な方が多かったです。

| 雑記 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://news.kazumimatsuzaki.com/trackback/1000892