松崎和実略歴 作品 ニュース リンク

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
敦煌へ 5


翌日も午前中は莫高窟の見学をさせていただきました。
天気の良い日ばかりで気持ちも上がります♪
日中の気温は最高で36℃くらいまで上がるけど、空気が乾燥しているから肌がベタつくこともなく日陰はとても気持ちいい!



さて、研究所へと向かいます…





研究所は思っていた以上に大きく立派な施設で、建物の間に子供の為の遊具なども見かけました。
きっと子育て主婦や夫にも働きやすい環境を整えているんだね。。。



さぁ本番! 講演にも気合が入りました!



講演後、研究所の本をいただき記念撮影。
右から大雅堂の庄司社長、お隣は所長の馬さん、私を挟んで副所長の韓さん。
もう…研究所の皆様には何とお礼を申し上げたら良いのやら…。。。



美術研究所でのお仕事も見学させていただきました。
こうして皆さん日々努力されて、1500年以上前からある莫高窟を守られているんだと知り、感動しました。

また、平山郁夫氏の功績も尋常ではないくらい大きなことも痛感しました。
氏の功績があってこそ、今回訪れた僕ら(日本人)に対する良いイメージがあったのは間違いない。

なんとちょうど「平山郁夫展」が莫高窟陳列館で行われていました。
正直これまではそれほど意識していなかったのですが、その展覧会も拝見させていただき考えが結構変わりましたよ。



記載した事以外にもビックリする事や嬉しいサプライズ…いろいろいろいろありました!
終始、細やかなお気遣いで案内して下さった饗場さん、夫のドウさん!
各窟の案内と説明や、こちらからの質問にもとことん答えて下さった牛さん!
そして馬所長、韓副所長、講演を聞いて下さった研究所の皆々様!
本当にありがとうございました!
この数日で、かけがえのない沢山のことを学ばせていただきました。
このご恩は一生忘れませんし、忘れられる筈もありません。

まだ帰国して間もないのに…また行きたいなぁという気持ちに…
や、絶対また行く。
また行きます!それまで皆さんお元気で!!




| 雑記 | 21:41 | - | - |
敦煌へ 4
ここらで敦煌の食事も紹介。。。



まずは牛肉麺。街中あちこちに牛肉麺のお店はあり、案内して下さった研究所の饗場さんおススメのお店へ。
牛肉麺が7元、オプションの牛肉が8元、合わせて15元。日本円で約250円!結構なボリューム!
味も美味しい!滞在中、もう何回か食べたったなぁ…。



続いて饗場さんおススメの敦煌料理のお店へ。
なかでもおススメという「特色烤包子」。こちらは羊肉が入ったパン。
外はカリカリ、中はふっくら。肉の臭さも全くなく美味しい!



こちらはラムチョップの焼いたモノ。饗場さんいわく敦煌では羊肉が新鮮だからシンプルな味付けでも十分美味しいとの事。
確かに肉自体が旨い!!香辛料も独特だな。。。や、これはまた食べたくなるわ。



…そしてコレは私のリクエストで敦煌へ行ったら是非試したかった料理。「?面魚魚」。
「魚魚」というのはこの麺の形。魚介類は一切入っていません。
烏瓜(の一種)の粉で作られた麺を両端が細くなるよう形成したもので、この形が小魚に似ていることから付いた名前。
味はお酢の効いた酸味のある味付けで炒めてあり、麺も素朴な感じで好みの味♪ これもまた食べたいなぁ…。



これはまた別のレストランで。敦煌は回族の人たちが多いそうで、羊肉の需要が高いそうです。
…それにしても…ワイルドやね。



で、敦煌名物と言ったらコレ。「驢馬(ろば)肉黄麺」。豆腐干と椎茸の入った甘い餡をかけた混ぜ麺。
驢馬肉黄麺のお店も沢山あり、饗場さんのご主人ドウさん(研究所の方)おススメのお店へ。
思ったより味付けがしっかりしていて、美味しかったですよ♪



…で、驢馬肉。…正直に言うと…一回食べたらいいかな。。。

敦煌は北京同様、ご飯より「粉モン」文化なんですね。種類としては麺類、ナン、パンなどが主食。
どれも粉の味が日本で食べるそれとは違い、初めての味。でも日本人にもとっつきやすい味だと思いました。
そして羊肉が旨い!需要が多い分、回転も早く新鮮な肉が出回るんだろうな…何より舌が肥えているんでしょうね。


| 雑記 | 21:32 | - | - |
敦煌へ 3
翌日、いよいよ莫高窟へ…。
「莫高窟数字展示中心」にて映像を2本観て、それから専用のシャトルバスに乗り、向かいます。
↑この映像が思っていた以上に立派で、もっと見ていたいと思えるくらい面白かったな〜。




15分ほどだったかな?荒涼とした一本道を走ります。



念願の莫高窟!自然と表情もほころびます♪



で、しばらくすると…すんごい行列。。。
ただ、ハイシーズンのこの時期も含め、通年完全予約制で1日の入場者数が制限されているので中の方が混雑することはそれほどありませんでした。
人気の窟は長蛇の列が出来ますが…。



7月に京都でお世話になった大雅堂の庄司社長も同行していただきました。



窟の中は撮影禁止!肉眼レフに焼き付けます。。。
案内して下さった研究所の牛さん。その知識にもビックリしましたが、流暢な日本語にはもっとビックリ!
お人柄もサイコーの方でした♪
窟の中は外気とは全然違ってひんやりと涼しい。ただ、沢山の観光客が入った後、すぐに入るとすごい熱気と湿度を感じる。窟内には湿度計と二酸化炭素濃度を測定する機械がそれぞれ置かれていて厳重に管理されています。
確かにこんなにも湿度が上がるのなら、中の壁画や塑像のことを考えると入場制限は勿論のこと、突然(観光客側からすれば)見せなくなる窟が出てきても無理はない。保護優先!
現状を見ればこれでも十分見せてもらえている方だと思えますよ。。。
予想以上に沢山の窟を見せていただき、今日のところはこれでおしまい。


| 雑記 | 21:25 | - | - |
敦煌へ 2


莫高窟へは翌日から。
案内して下さった敦煌美術研究所の饗場さんの勧めで鳴沙山を見に行きます。
せっかくだからここも見ておきたかったんだよね。



目の前に広がる砂漠…もうこれは平山郁夫の世界ですね。
生まれて初めて見た砂漠、驚愕したのはその砂山の大きさ!もっと小さいのを想像していた。。。
アレ越えて旅していた昔の人達って…や、頭が下がる思いです。私ならUターンしているね。



砂漠の中にある月牙泉の楼閣。復元とはいえ、風情があります。




| 雑記 | 21:16 | - | - |
敦煌へ…1


長年夢見てきた、敦煌にある莫高窟へついに行くことになりました!
莫高窟にある研究所にて講演まで賜らせていただき、これ以上はない名目となりました。



日本からの直行便はないため、北京で乗換。
朝6:35発のフライトだったので前日に北京入りしていました。
まだ暗い早朝、空港へ向かいます。



敦煌へ飛ぶ飛行機は離れた所にあり、バスで移動してからの搭乗。
北京から敦煌までは約3時間ほど。



敦煌近くになると…砂漠が見えてきました。



敦煌空港に着陸。



敦煌市内へ。ジミヘン!…ではなく街のシンボル的な「飛天像」。



| 雑記 | 17:53 | - | - |
謹賀新年
明けましておめでとうございます
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします



本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
| 雑記 | 00:11 | - | - |
樽の中のカニ
松です。
アメリカのことわざで「樽の中のカニ」というのがあると
20年以上前、本で読んだことがありました。

樽から出ようとするけど他のカニが引きずり戻そうとする
同じ仲間(同種)のハズなのに…という意味らしい。
…なんだか言いえて妙な…



問題はそこであきらめ留まるのか
それでも這い出そうとするのか

その先が幸せな世界なのかは分からないけど
分からなくても現状、今いる環境から抜け出したい…!
という経験は、小さなことも含めて、あります。

「松和実 展 -HAKUGA & SUMI-」

高島屋横浜店 7階美術画廊 6月7日(水)〜13日(火)

高島屋大阪店 6階美術画廊 7月5日(水)〜11日(火)

高島屋日本橋店 6階美術画廊 8月16日(水)〜22日(火)

高島屋京都店 6階美術画廊 8月30日(水)〜9月5日(火)

※各店とも最終日は午後4時閉場
※上記各店舗名をクリックするとそれぞれの詳細が見られます



| 雑記 | 17:18 | - | - |
宮崎へ帰省
暑い日が続いておりますね。。。

さて、年に一度のお楽しみ
今年も7月末〜今月のはじめにかけて宮崎に帰省してきました。



上の画像は毎年来るお気に入りのポイント。志布志市(鹿児島県)。
実家からいちばん近い海です。


下はそこから北上した日南市にある飫肥城、旧本丸跡にあるいやしの森。
杉林もさることながら、いろいろな苔の色が幻想的な感じで混ざり合っていて…
ここはホントに癒される。。。





食べ物も♪


上は日南市南郷町めいつ港にある「港の駅 めいつ」のレストランにて。
一本釣りカツオの炙り重。これで¥1.300?!
ここのメニューはどれも質・ボリューム共に文句なし、コストパフォーマンス良すぎます。



お次は志布志駅近くにある「まるちょんラーメン」。
暑い日に熱いラーメン…旨いんですこれが。



こちらは鹿児島県曽於市末吉町にある「愛の里」にて。
鶏肉の刺身です。
こちらには20年以上前からよく来ていたお気に入りのお店です。
ちなみに携帯電話は圏外になるくらい山の中にあります。


さぁーっ!!チャージできた!また1年がんばろ!!

九州も暑かったけど東京に帰ってきたら、これまた暑い。。。
そうそう
うちの父親もそうでしたが、歳をとると暑さを感じにくくなると聞きました。
異常気象が相次ぐ近年、昔より夏の暑さもひどくなってきていますよね。
ご高齢の親族がいらっしゃる方は、暑い日には電話して
「大丈夫?エアコンを使いなよ」と言ってあげましょー!!




| 雑記 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
個展を終え…
松崎です。
東京アートアンティークで行わせていただいた個展は土曜日、盛況のうちに幕を降ろす事ができました。

初めて見たという方々からのご意見もいただき、たくさんのパワーをいただけました。

ご高覧いただいた皆さま、パーフェクトな対応をしていただいた林田画廊の皆さま、この場をかりて御礼申し上げます。
ありがとうございました!

近々の個展の予定は6月に京都の大雅堂にて行わせていただきます。
詳細は改めてお知らせしますね。

| 雑記 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
熊本地震
4月14日から続いている熊本地震でお亡くなりになられた方々へ哀悼の意をささげると共に、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

九州の実家や知人に連絡を取りましたが、今のところ大きな被害はなかったようでひと安心しました。ただ、精神的にはかなり不安な状況にあるようでした。

少しでも早く余震が治まる事と、1日でも早い復興を、そして被災された方々に穏やかな日が少しでも早くおとずれることを心よりお祈りいたします。
| 雑記 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) |